国際通貨基金

Search
アンケートにご協力ください馈

IMFアジア太平洋地域事務所 (OAP)

国際通貨基金 (IMF)
アジア太平洋地域事務所 (OAP) について

所長:オッドパー・ブレック(略歴
次長:木下祐子(略歴


〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-2
富国生命ビル21階
Tel 03-3597-6700 · Fax 03-3597-6705

アジア太平洋地域事務所の主な活動

IMFアジア太平洋地域事務所は、IMFのアジア太平洋地域における窓口として、地域の経済・金融の動向や地域協力・地域統合の進展状況をモニターしています。IMFとその政策に対する地域の理解を深めることや重要な問題について地域諸国がどのような見方をしているかを絶えずIMF本部に報告することもOAPの仕事です。さらに、IMF本部各部門がこの地域で進める活動を支援し、IMFの政策や取り組みが成果を挙げるよう努めるのもOAPの役割です。この地域事務所がアジアに置かれているのは、世界経済におけるこの地域の重要性がますます高まりつつあることを反映しています。IMFの組織や役割についてはファクトシート「IMFの概要」 をご参照下さい。

IMFアジア太平洋地域事務所(OAP)の主な活動

  • 地域の経済・金融動向のモニタリング
  • 地域統合・地域協力の進展状況や課題の分析判断
  • 対外活動と能力強化
  • 地域におけるIMF本部活動の促進

アジア太平洋地域諸国 (英文)