国際通貨基金

Search
アンケートにご協力ください馈

新着情報


アジア太平洋地域経済見通し 2021年

2021年10月19日

第44回国際通貨金融委員会(IMFC)コミュニケ(仮訳)

2021年10月14日

楽観論が後退し市場に不透明感

2021年10月13日
辛いパンデミックが長く続く中でも、国際金融不安定化リスクは抑えられてきている―当面は。経済の先行きに対する楽観論が後退し、金融面の脆弱性が高まる中、慎重に政策の調整を図るべきときに来ている。ここ1年半、世界の中央銀行、財務省、国際機関は経済成長を支えるための政策の実施を過去に例を見ないほど強く主張してきた。今や、財政と金融政策を次のステージに安全に移行させるための戦略を構築すべき段階だ。 詳細を読む

不確実な世界における財政政策

2021年10月13日
ワクチン接種は多くの国で人命を救い、景気回復を後押ししているが、ウイルスの新たな変異株が出現する中で不確実性が高い状態が続いている。IMFの最新の「財政モニター」は、パンデミックが格差や貧困、政府財政に永続的な痕跡を残すとしている。 詳細を読む

深い分断が回復の足かせに

2021年10月12日
世界経済は回復を続けているが、不確実性が高まりつつあり、政策トレードオフが複雑化している。 詳細を読む

回復を分かち合う―特別引出権(SDR)の振り向けとトラストの新設

2021年10月8日
国際通貨基金(IMF)が世界的なパンデミックに対して講じた措置のうち、最も重要なもののひとつは、先般行われた特別引出権(SDR)の歴史的な配分であった。今度は、その配分をニーズが最も大きいところに回す、つまり振り向けることが課題となっている。それを受けてわれわれは、最も貧しく脆弱な国が今までより強靭で持続可能な未来を切り開けるようにするための3つの選択肢を検討している。 詳細を読む

財政に関しては、信頼性が肝心

2021年10月7日
公衆衛生危機に終止符を打ち、差し迫った影響に対処することが依然として最優先課題であるが、財政責任を確実に果たしていくこともまた各国政府にプラスに働く。 詳細を読む

財政モニター 2021年10月

2021年10月7日

世界経済見通し 2021年10月

2021年10月6日

なぜ経済成長に基礎科学が重要なのか

2021年10月6日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は数十年分の経済発展を巻き戻し、財政に甚大な打撃を与えた。社会を前進させる復興を成し遂げ、気候変動と闘うためには、相当な公共投資に持続的に資金を拠出する必要がある。長期的成長力、ひいては税収を押し上げることがこれまで以上に喫緊の課題となっている。  では長期的成長の推進力とは何か。重要な要素のひとつは生産性、つまり同量のインプットからより多くのアウトプットを生み出す能力だ。国際通貨基金(IMF)の最新の「世界経済見通し(WEO)」では、長期的な生産性伸び率を高めるうえで、イノベーションが果たす役割の重要性を指摘した。 詳細を読む

IMF日本語サイトでは一部の文書のみを日本語で掲載しています。その他のIMF文書、さらに詳しい情報に関しては、英文サイトを御参照下さい。

PDF形式のファイルを閲覧するためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。 Adobe ReaderはAdobe社のWebサイトから無料で入手できます。