張涛

国際通貨基金(IMF)副専務理事

2016年8月22日にIMF副専務理事に就任。約90か国についてのIMFの業務に加え、資金洗浄防止・テロ資金供与対策、気候変動、フィンテック、ジェンダー、統計などに関する政策課題も担当する。IMFの金融セクター評価プログラム(FSAP)業務と情報技術を監督しており、また、国際連合の諸機関など他国際機関との調整の責任も担っている。

国際経済の専門知識と政策策定の経験を豊富に持ち、過去には中国人民銀行副総裁やIMF中国理事などを務めた。それ以前には、中国人民銀行で長年にわたり勤務し要職を歴任した。また、世界銀行とアジア開発銀行での勤務経験も有する。

カリフォルニア大学サンタクルーズ校にて国際経済学の修士号および博士号を取得。北京・清華大学にて学士号(電気工学)および修士号(金融)を取得。

2020年8月26日