概要

日本の拠出による技術支援プロジェクト

日本の拠出による奨学金制度

IMFアジア太平洋地域事務所(OAP)

JSA年次報告書

参考

IMFの技術支援
ファクトシート


以下のリンク先のページは英文です。ご了承下さい。

日本とIMF

IMF研修所



技術支援およびトレーニングのための
日本管理勘定

English


IMFは毎年、技術支援プログラムに対して日本政府から資金支援を受けています。1990年以来、日本は2億米ドルを上回る拠出を行っており、それによりIMFは120を超える加盟国において、その国の人材や組織及び制度面の能力を強化し、政策決定の質やマクロ経済運営の効率性を改善する取り組みを支援してきました。日本は2つの奨学金プログラムへも資金支援を行っており、300名を超える大学院や博士課程の学生が奨学金の給付を受けています。また1997年からは、東京に設置されたアジア太平洋地域事務所を通じて、IMFのアジア太平洋地域における活動も支援しています。日本による支援の大部分は、「特定活動にかかる日本管理勘定(JSA)」を通じて、IMFの活動に貢献しています。


-->