日本管理勘定ホーム

概要

日本の拠出による技術支援プロジェクト

IMFアジア太平洋地域事務所(OAP)

JSA年次報告書

参考

IMFの技術支援
ファクトシート


以下のリンク先のページは英文です。ご了承下さい。

日本とIMF

IMF研修所



日本管理勘定
日本の拠出による奨学金プロジェクト

English


日本は、「博士号取得のための日本-IMF奨学金プログラム」、および「アジアのための日本-IMF奨学金プラグラム」の2種類の奨学金制度に拠出を行っています。

博士号取得のための日本-IMF奨学金プログラム

博士号取得のためのJAPAN-IMFスカラシップ・プログラム (JISP) は、日本政府が資金を提供し、米国の国際教育協会 (Institute of International Education :IIE)及び日本の国際教育企画 (International Education Blueprint :IEB) の協力を得て、IMF 研修所 (IMF Institute) が管理・運営を行っています。JISPは、マクロ経済学の実務専門家としてIMFで働くことを目指す、博士課程で学ぶ日本人奨学生への支援を目的としています。 詳細については、以下のIMF研修所のウェブページでご確認ください。
http://www.imf.org/external/np/ins/english/scholar.htm

アジアのための日本-IMF奨学金プログラム

「アジアのための日本-IMF奨学金プログラム」は、1993年に開始されました。このプログラムは、アジア、中央アジアおよび太平洋地域の中央銀行、財務省、経済企画関係省庁の将来有望な若い職員を対象とし、日本の大学においてマクロ経済学や関連分野についての大学院レベルの研究を支援しています。詳細については、以下のIMFアジア太平洋地域事務所のウェブページでご確認ください。
PDF文書は英文です。ご了承下さい。
http://www.imf.org/external/oap/schol.htm


-->