IMF世界経済見通し

世界経済見通し(WEO)では、主要国グループ(地域や開発のステージなどで分類)や各国の経済動向を、世界レベルで分析するとともにその見通しを示す。経済動向の分析や見通し、並びに主要な経済政策関連事項に主眼を置く。通常、年に二度、国際通貨金融委員会(IMFC)協議に向け作成される。IMFの世界レベルでのサーベイランス活動の主要なツールの一翼を担っている。

ページ: 1 新着情報 6 1 2 3 4 5 6

2021

世界経済見通し 2021年10月

2021年10月6日

報告書は、パンデミックが再燃する中でも世界経済の回復は続いており、政策面で独特な課題を突き付けているほか、多国間の強力な取り組みが必要であることを示す

world-economic-outlook-update-july-2021

2021年3月18日

• 2021年4月の「世界経済見通し(WEO)」における予測以降、経済見通しをめぐる各国間の差はさらに拡大している。ワクチンへのアクセスが世界経済の回復を二分する主要な断層線として浮上している。

2020

2019

世界経済見通し (WEO) 2019年10月<br>世界的な製造業低迷と高まる貿易障壁

2019年10月7日

先進国ではここ数年、社会的・政治的な緊張が増す中で、実質生産や雇用、生産性に関する、国の下のレベル、つまり、国内における地域間格差への注目が高まっている。先進国の平均をとると、1980年代後半以降、特定地域での経済的集中と、それ以外の地域での相対的な停滞を反映して、地域間格差が拡大してきた。

ページ: 1 新着情報 6 1 2 3 4 5 6